日常の気になるネタをあなたにお届け♪

芳根京子の難病とわきとの関係は?歩き方にも違和感があるって本当!?

yjimage

朝ドラ「「べっぴんさん」のヒロインとして話題となった芳根京子さん。
そんな芳根京子さんは自身が難病であることをカミングアウトしています。

難病と影響があるのか、ネットではわき歩き方について検索している人が多くいるようです。

その辺りについて調べてみました。

 

ということで今回は


●芳根京子の難病とは?


●わきや歩き方は難病と関係あるの??

このようなことを中心に話ししていこうと思います。

スポンサーリンク




芳根京子ってどんな人??

朝ドラの「べっぴんさん」のヒロインとして話題になった芳根京子さん。

生年月日が1997年の2月28日ということで現在は20歳になります。

 

小さな巨人で婦警さんの制服を着ていたのを見ると大人びて見えましたが、
まだまだきゃぴきゃぴな女の子なんですね~

身長は159センチということで個人的にすごく小柄に見えますが、
女子としては平均的な身長。

 

お菓子といった料理をすることが趣味なようですが、
ドラマなんか手作りお菓子を差し入れなんてしているんでしょうか。

う~ん、芳根京子ちゃんの手作りお菓子を食べたい!!

 

特技はピアノやフルートといった芸術性もありますが、
なんでもタイピングといった早打ちも特技なんだそうです。

あまり女優でタイピングが特技って聞いたことがありませんが、
高校時代にそのような授業を受けていたんでしょうかね??

 

高校といえば、芳根京子さんはスカウトがきっかけで芸能界に入ることになったのですが、
もともと都立の高校に通っていた時にスカウトされたことで
通信制の高校に進学したんだとか。

しかも、スカウトされた場所が上地雄輔さんのライブ!
そんな場所でもスカウトってされるんですね~

 

ライブ会場のような人がわんさかいる場所でも芳根京子さんの可愛さオーラが放たれていたのでしょう!

 

で、初デビューとなったのがドラマ「ラストシンデレラ」

見てましたよー!三浦春馬と篠原京子の熱いラブシーン。
当時は特に芳根京子さんの存在を意識したことはなかったですが笑

 

そんな小動物のような超絶な可愛さをもつ芳根京子さんですが、
なんと過去に難病を患っていたことをカミングアウトしています!!

スポンサーリンク




芳根京子の難病とは?

芳根京子さんは自らが過去に難病を患っていたことを暴露してます。

その難病の名前は「ギラン・バレー症候群」という病気です。

 

国が指定している難病で。なんでも運動神経に関わる病気なんだとか。

10万人に1人に確立で発症するというこの難病は
歩行が困難になったり、手足にチカラが入らない。

呼吸もしにくく食べ物も飲み込みにくくなるといった障害があるそうな。

 

しかも原因不明で発症してしまうということで難病指定されているのでしょうが、
そんな病気を芳根京子さんが患っていたなんて!!

 

ですが、なんでもこの病気って1年前後で特に治療をしなくても勝手に完治してしまう病気みたいです。

 

平均的に60歳前後の年齢で発症するようですが、
芳根京子さんは中学2年生の時に発症しています。

 

亡くなる危険性も少ないそうですが、主にはこの病気、細菌によって引き起こされるケースが考えれるそうです。

 

細菌やウイルスが引き金になって身体の免疫システムがおかしくなってしまって、
自分の神経を攻撃してしまうとか。

システムがバグってしまうという感じなのかな?

 

ちなみに過去には小説家の中村うさぎさんも、このギラン・バレー症候群であることが明かしています。

あとは、フランクリンルーズベルトとか。

 

釈由美子さんもこの難病だといっていましたが、
どうやら自分の勘違いだったようです笑

そんなこと勘違いってある??


芳根京子の難病とわきや歩き方の関係は?

芳根京子さんが難病だとカミングアウトしたときに
ネット上では芳根京子さんのわきや歩き方が注目されたようです。

歩き方はなんとなくわかるのですが、
わきってどういうことなのでしょうかね?

調べてみたのですが、芳根京子さんの難病とわきは何の関係もないそうです。

 

どうしてわきが注目されたのかも不明です。

 

当時の芳根京子さんの脇になにか違和感があったのかな??

 

で、芳根京子さんの歩き方も注目されていましたが、
これも実際には難病とは関係がなかったです。

先ほども説明しましたが、ギラン・バレー症候群という難病は
手足にチカラが入らず歩くのも困難になるそうな。

 

なので、歩き方に違和感があってもおかしくはないですが
芳根京子さんが難病を患ったのは中学2年生のときなので。
1年前後で勝手に完治されるこの難病は芸能界に進出しているときには完治されているものだと思います。

なので、歩き方と難病は何も関係がないということ。

 

じゃあ、どうして芳根京子さんの歩き方が注目されたのか?

 

有力な説は、ヒロインを務めた「べっぴんさん」のオープニングで
芳根京子さんのスキップがおかしな感じだったから。

 

ただ、これって芳根京子さんが単純にスキップが下手だったということなんでしょうね笑

いますよね!スキップが下手な人。

スキップが出来る人からすると、下手なスキップほどおもしろいものはありませんが。

 

当時のオープニングでのスキップは監督からの細かい指示もあったようですが、
視聴者からしたら、それがとっても違和感だったのでしょう。

 


さいごに

今回は芳根京子さんの難病のことや、わきや歩き方の関係について話しをしてきました。

難病ということで驚いてしまいますが、命には別状なく勝手に完治される病気ということなので心配はいらないのでしょう。

まだまだ20歳という若さで素晴らしい活躍をしている芳根京子さんなので、
これからの活躍にも期待ですね!!

スポンサーリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



初めまして!
30代となり“おやじ”というキーワードに敏感となってまいりました、管理人のひろろんと申します。
サイトを訪れてくださり、ありがとうございます!!
北海道で理容店を経営しながらほのぼの暮らしてます。

このサイトでは日常で気になったネタを、仕事の合間にお届けしています。
皆様の暇つぶしや話題作りに利用して頂ければ幸いです。

気軽にほっとひと息つきながら読んでみてください☆

好きな食べ物:白湯ラーメン、カツカレー
好きな動物:ヨークシャーテリア
好きなアニメ:名探偵コナン