気になるトレンドニュースをいち早くお届け!

谷川文崇は窃盗の病気!?本当はコワいクレプトマニアとは??

yjimage

谷川文崇が釈放後25分で万引きで逮捕となんとも間抜けな事件がありました。

普通では考えられない谷川文崇の行動は窃盗病気の可能性もあるかと思います。

窃盗の病気にはクレプトマニアという名前の病気が実際にあります。

そんな谷川文崇の窃盗と病気について調べてみました。

 

ということで今回は


●谷川文崇の窃盗は病気だった!?クレプトマニアとは??

このようなことについて話していこうと思います。

スポンサーリンク
 





谷川文崇の窃盗は病気だった!?クレプトマニアとは??

津市内で罰金命令で釈放されてから25分という短時間で
また万引きで逮捕されるという事件がありました。

 

犯人は鈴鹿市磯山に住む作業員の谷川文崇25歳。

谷川文崇は8月24日に飲料水を万引きし、窃盗で逮捕されていました。

 

そして罰金15万円の略式命令を受けて釈放されて
そこから25分後にコンビニで400円ほどのロールパンを白いポリ袋に入れて店を出たところを
店員に捕まり再び逮捕となりました。

なんとも間抜けというか、普通では考えられないですよね。

 

だって、数百円ものを盗んで15万円の罰金がきてるし、
逮捕されて反省するどころか釈放後すぐに同じ罪で捕まる。

 

一見すると、逆に逮捕されくてやってるのかな??って思ってしまいますが
そうでもないようですよね。

 

谷川文崇は「お金がもったいなくてやってしまった。」と言っているそうですが。

あまりにも後先のことを考えない行動に不謹慎ながら笑えてしまうような事件。

 

しかし、谷川文崇が精神病のような病気であるなら少し話が変わってきますよね。

谷川文崇のような窃盗の病気でクレプトマニアというものがあります。

スポンサーリンク




クレプトマニアとは??

クレプトマニアは窃盗癖、窃盗症ともいわれる精神障害の一種です。

問題なのはクレプトマニアの人は利益目的で窃盗をしていないということです。

 

ギャンブルのようなゲーム感覚で窃盗を繰り返してしまいます。

そのため、逮捕されたぐらいではクレプトマニアは治らないそうですね。

 

谷川文崇に関しても盗んだものはパンやジュース。

 

年齢も25歳だし仕事もしているので
その程度の食べ物を買えないワケがありません。

これはもう谷川文崇がクレプトマニアの可能性が濃厚ですね

 

さらにクレプトマニアのコワいところは
窃盗の罪を他人にバレたくなくて他に罪を犯してしまったり
自分で命を断ってしまったりという人も多くいるということ。

 

谷川文崇も二度の逮捕くらいではすぐに釈放されてしまうことでしょうし、
専門の医師による治療をすることが大切になってきますよね。

スポンサーリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログへ