気になるトレンドニュースをいち早くお届け!

青山学院 一色の出雲駅伝の走りがヤバい!連覇はある??

yjimage1rl81ldl

ついに2016年の出雲駅伝が始まります。
青山学院大学の連覇には一色恭志選手の走りが一番重要になってくるかと思います。

 

青山学院大学の一番のライバルは山梨学院になるかとかと思いますが
いったいどうなるのでしょうか?

そんな、青山学院大学のメンバーのことや
一色恭志選手のことについて調べてみました。

 

ということで今回は


●青山学院大学 出雲駅伝でのメンバーとは?


●アンカーの一色恭志選手について

このようなことを中心に話していこうと思います。

スポンサーリンク




青山学院大学 出雲駅伝でのメンバーとは?

さて、ついに2016年の出雲駅伝が始まりますね~

もちろん注目となってくるのは
連覇を目指している青山学院大学だと思います。

で、ライバルになってくるのはニャイロ率いる山梨学院と予想されています。
山梨学院 ニャイロが出雲駅伝で爆走!優勝の可能性は??
もう、走るメンバーの順番も決まっているので
紹介していきたいと思います。

 

1区を走るのは鈴木塁人選手。

高校は流通経済大学付属柏で現在1年生。

自己記録は
10000mが30.12.26で
5000mが13.58.48

 

2区を走るのは田村和希選手。

高校は西京で現在は3年生。

自己記録は
10000mが28.46.81
5000mが13.50.43

 

3区を走るのが下田裕太選手。

高校は加藤学園で現在は3年生。

自己記録は
10000mが28.33.77
5000mが14.06.85

 

4区を走るのが茂木亮太選手。

高校は白鴎大足利で現在4年生。

自己記録は
10000mが29.00.67
5000mが13.53.46

 

5区を走るのが安藤悠哉選手。

高校は豊川工業で現在4年生。

自己記録は
10000mが29.03.25
5000mが13.57.75

 

6区を走るのが一色恭志選手。

高校は豊川で現在4年生。

自己記録は
10000mが28.23.40
5000mが13.39.65

 

このようになってますね~

やはり注目の選手は
2月の東京マラソンで2位になった
3区を走る下田裕太選手。

アンカーの一色恭志選手ですね!


期待のアンカー!一色恭志とは?

さて、2016年の出雲駅伝で優勝できるかどうかは
やはりアンカーを務める一色恭志選手にかかっていますね!

 

そんな一色恭志選手。箱根駅伝も連覇に導いた絶対的なエースとなってます。

今年の2月に行われた東京マラソンでも
日本人として3位となるすばらしい記録を叩きだしていおります。

 

もちろん、東京オリンピック選手の有力候補として
これからも頑張っていくでしょう。

 

そんな一色恭志さんは
もともと高校は仙台育英高校でした。

しかし、3年のときに震災の影響で
愛知県にある豊川高校にいったんですね~

 

そこで一色恭志さんは全国高校駅伝大会で
4区で区間賞をとるはしりをみせて
豊川高校としても初となる優勝へと導いた
本当にすごいやつです!

 

すでに一色恭志さんは進路も決まっていて、

GMOアスリーツにいくことが決まっています。

 

GMOアスリーツは指導力に定評のある
花田勝彦監督率いるチームとなっていて
青山学院大学の原晋監督もアドバイザーということで
走りやすい環境の整った場所ということですね~

 

花田監督も一色恭志さんのことを
世界と勝負できる選手として注目しているそうです。

そんな世界と立ち向かう一色恭志選手が
出雲駅伝のアンカーとしてどのような走りを見せてくれるのか
今から楽しみですね!!

 

さらに注目したいのは
下田裕太選手!

出雲駅伝では3区を走るのですが
なんてたって東京マラソン初出場で
日本人2位ですからね。

 

10代での日本記録を塗り替えた
今のってる選手です。

ということで下田裕太選手にもイヤでも注目してしまいますよね!

スポンサーリンク




青山学院大学、出雲駅伝連覇の可能性は??

やはり、出雲駅伝では青山学院大学の連覇が注目されるところですね!

 

もう、一色恭志や下田裕太選手といったかなり強力なメンバーで構成されていて

去年の優勝メンバーよりも強いのでは??
とまで言われています!!

 

青山学院大学は今回の出雲駅伝に照準を合わせて練習してきているとのことなので
かなり期待が持てますよね!

 

ライバルとなるのは山梨学院。
山梨学院 ニャイロが出雲駅伝で爆走!優勝の可能性は??
アンカーのニャイロがやはり圧倒的な走りでくると思うので、
アンカーまでに1分ほどの差をつけて走ることができれば
連覇も夢ではないと思います。

今年の出雲駅伝も期待できそうですね!!


さいごに

今回は2016年の出雲駅伝で連覇がかかっている
青山学院大学やそのアンカーを務める
一色恭志選手のことについて話をしてきました。

やはり今年ものっている青山学院ですからね。

どのような走りで連覇してくれるのか?
今から楽しみです!!

スポンサーリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログへ