気になるトレンドニュースをいち早くお届け!

温かいソフトクリームの味が気になる!販売はいつになる??

image

絶対に溶けないという温かいソフトクリームが気になる!!

さてさて、いままでに溶けにくいソフトクリームはいくつかありましたが
完全に溶けないソフトクリームというのはいままでになかったですよね。

 

そんななかで絶対に溶けない温かいソフトクリームが完成したということで話題になっています。

 

そんな温かいソフトクリームについて調べてみました。

 

ということで今回は


●絶対に溶けない温かいソフトクリームの味とは??

このようなことを中心に話していこうと思います。

スポンサーリンク




絶対に溶けない温かいソフトクリームの味とは??

さて、絶対に溶けない温かいソフトクリームが完成したということで
話題になっていますね。

 

そんな温かいソフトクリームを開発したのは
金沢市にある日本海藻食品研究所の
白石良蔵さんです。

 

なんでもいままでにも溶けにくいソフトクリームというものを
何度もの失敗を重ねて開発している人ですね。

卵にしたら5000個くらいは使っているということで
かなりの失敗をし、
完成までの期間も7年という長い年月を費やしています。

 

そんな血と汗と涙の結晶でもある温かいソフトクリーム。

 

なんと電子レンジでチンしても溶けません。

70℃になっても溶けません。

絶対に溶けないということです。

 

そんなものがあるのか?といったところですが

気になるのは味ですよね!

 

白石さんは「誰も食べたことのない味」としてコメントしています。

 

で、今回そんな温かいソフトクリームを
ワイドショーで羽鳥慎一さんが食しています。

 

事前に70℃あるということで
かなり熱いと予想してなかなか食べることができませんでしたが(笑)

食べた瞬間
「あったけ~~」

「あ、甘い!」

といった感じで驚いております。

 

で、気になる味ですが、
まあ、甘いと。

まずくはないが本来のソフトクリームのような味ではないそうですね。

 

とにかくふわふわで口にいれた瞬間シュッとなくなってしまうような。

まるでメレンゲに近い食感だということです。

 

なので、もしかしたらソフトクリームとして
この温かいソフトクリームを食べてしまうと
かなりがっかりしてしまうようなレベルなのではないでしょうか?

 

羽鳥さんも不味くはないが。とコメントしていますし。

なんとも表現しにくそうに食べてましたからね。

 

でもでも、味に関してはまだ試作段階ということで
これからもっと変化していくのでは??

と予想しています。

 

では、そんな温かいソフトクリームはどのように作られているのでしょうか??

スポンサーリンク




温かいソフトクリームの作り方とは?

なんと番組ではご丁寧に作り方まで公表しています。

7年もの期間を費やして
そんな簡単に教えていいものか?

とも思ってしまうのですが。

 

材料は
新鮮な卵と砂糖とバニラエッセンスこれだけ。

 

まず、卵を混ぜて砂糖とバニラエッセンスを投入して
ツンと先が固まるくらいまで混ぜると。

 

なんだか、とっても簡単そうに感じますが。

というか、それなら他にすでに作っているのでは??
と疑問に思えてしまいますが、

なんでも、配合のバランスが肝!!ということで
その辺りは企業秘密ということ。

 

そんなことで絶対に溶けない温かいソフトクリームができてしまうかとおもうと
不思議ですね!!


温かいソフトクリームの販売はいつ??

今回、温かいソフトクリームが完成した!ということで
ネットにアップしたところ
かなりの数のメーカーから問い合わせがきたんだとか。

 

でも、まだまだ味に関しても試作段階であります。

 

ということなので、いつ頃商品化するのか?
ということに関してはまだわかっていないような状況ですね。

早く食べてみたい気もしますが
温かいソフトクリームはもうちょっと先になりそうですね。


さいごに

今回は絶対に溶けない温かいソフトクリームが完成したということで
温かいソフトクリームの味について話をしてきました。

作り方も完全にメレンゲを作るような感じなので食感がふわふわということ。

でもソフトクリームのような味ではなく、
まだ、単に甘いお菓子といったところなのでしょう。

これからどのように変化していって商品化されていくのか楽しみなところですね!!

スポンサーリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログへ