日常の気になるネタをあなたにお届け♪

APTX4869の意味とは?目的はそもそもなんなの??

yjimage

名探偵コナンの謎の一つ、APTX4869意味というか目的はなんなのでしょうか?

いくつかAPTX4869については憶測がありますが、
その辺りについて調べてみました。

 

ということで今回は


●APTX4869の意味とは??

このようなことを中心に話していこうと思います。

スポンサーリンク




APTX4869とは??

人気マンガ、名探偵コナンをあまり知らない人でも
コナンがもともと大人で薬を飲まされたことによって小さい子供になってしまった。
ということは知っている人も多いと思います。

 

そんな江戸川コナンである工藤新一が小さくなってしまった原因の薬が
APTX4869ですね~
アポトキシン4869と読みます。

 

第一話で黒の組織による事件を目撃してしまった工藤新一がジンによって飲まされてしまいますが、
ジンはこのときに
「まだ人間には試したことがない完全な毒薬」
と言っています。

そうなると、このAPTX4869が作られた意味が毒薬ということになりますが、
コナンを見ていくと、それだけに意味でもないのですよね。


APTX4869が作られた意味とは??

APTX4869が作られて意味が気になるところでありますが、
コナンのマンガのなかで明らかになっているのが、
今、コナンの協力者というか、同じくAPTX4869を飲んで幼児化してしまった灰原哀。

 

この灰原哀が黒の組織の科学者でコードネームがシェリーで
APTX4869の開発を主にしていた人物となっております。

で、そんな灰原はAPTX4869のことを
「毒を作っているつもりはなかった」
と話しています。

 

そもそもAPTX4869は灰原が一から作ったものではなくて
灰原の両親である宮野夫妻が作ったものですね。

 

灰原が言っていたことなのですが、
両親が開発していた薬は「死者を蘇らせる夢のような薬」
という風に言っています。

ということで、本来のAPTX4869が作られていた意味は
死者が蘇る、もしくは不老不死といったものが目的であったように感じますかね。

スポンサーリンク




APTX4869の作られた意味は完全犯罪ではない!

そもそもAPTX4869のことを完全犯罪に使える毒薬といっているのはジンですね。

ジンからしたら、証拠が残ることがなく人を葬ることができる夢のような薬なのでしょう。

 

灰原はAPTX4869の研究の段階で
実験用のマウスがみんな亡くなるなかで
1匹だけ幼児化した事実は黒の組織には隠しています。

これは単に黒の組織を憎んでいたからだと思いますが。

 

結果的にAPTX4869は人の年齢を若返らせることが可能な薬ということになりますが、
まだまだ実験段階で灰原が黒の組織から逃げ出した現在は
その開発もストップしたままとなっていますね。

もともと灰原も自○するつもりでAPTX4869を飲んでたまたま幼児化しただけですが。

 

それにしてもやはり黒の組織のボスである「あの方」からしたら
完全犯罪が可能な薬を作りたかったワケではなくて
自分を若返らせる薬、もしくは大切な人を蘇らせるという意味で作らせた
薬なんだと憶測することができますね~


さいごに

今回は名探偵コナンでコナンが小さくなった原因の薬、
APTX48691が作られた意味や目的について憶測してみました。

これからどんどん意味もはっきりわかってくるでしょうし楽しみですよね!!

スポンサーリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



初めまして!
30代となり“おやじ”というキーワードに敏感となってまいりました、管理人のひろろんと申します。
サイトを訪れてくださり、ありがとうございます!!
北海道で理容店を経営しながらほのぼの暮らしてます。

このサイトでは日常で気になったネタを、仕事の合間にお届けしています。
皆様の暇つぶしや話題作りに利用して頂ければ幸いです。

気軽にほっとひと息つきながら読んでみてください☆

好きな食べ物:白湯ラーメン、カツカレー
好きな動物:ヨークシャーテリア
好きなアニメ:名探偵コナン