気になるトレンドニュースをいち早くお届け!

ヒガンバナ 5話のネタバレや感想を紹介!!

yjimage

ヒガンバナ 5話が放送されたので
5話のネタバレ感想を紹介したいと思います。

 

ヒガンバナ5話では薫子の妹が事件に巻き込まれるということです。

どのように事件が展開されていくのか??

 

ということで今回は


●ヒガンバナ 5話のネタバレや感想


●ヒガンバナ 5話の感想


●6話の予告

このようなことを中心に話していこうと思います。


【ヒガンバナ 5話 あらすじやネタバレ】

 

【薫子の妹】

名門バレエ団の主役に薫子の妹、透子が抜てきされる。

薫子も喜び、ヒガンバナの仲間に報告する。

 

そんななか、透子は一人で遅くまで練習していた。

 

突然、苦しそうな様子を見せて部屋から出ようとするが
ドアが開かない。

何者かが外から鍵を閉めたようだ。

 

【プリマ】

透子は朝、病院に運ばれる。

第一発見者の管理人は遅くまで透子が練習しているのを知っていた。

 

朝になり透子が倒れているのを発見し鍵が盗まれていることに気が付く。

その場所のドアは内側に鍵がないタイプのドアだった。

 

その現場を来宮がシンクロする。

「私がプリマ」と言い、倒れる。

 

【アレルギー】

一命はとりとめた透子。

でも、いつ意識が戻るのかはわからない状態。

 

事件の詳細を聞いて悲しむ薫子。

薫子によると透子は小麦アレルギーでパン屋にも入れない。

そんな透子のアレルギーのことを知っていて透子を恨んでいた人物が犯人となるのか?

 

透子の指導をしていた英里子に事情を聞きに行く来宮と峰岸。

自分たちの生徒にそんなことをする人はいないという。

 

【脅迫状】

透子と同じ部屋に住む一年生の二人に話を聞きに行く。

そうすると、透子をねたんでいる人物がいることがわかる。

 

それは同じ発表会の主役選考されていた三年生のなお。

事件があった9時からのアリバイがないことがわかる。

 

また、事件を調べていると先生の英里子のもとの脅迫状が届いていたことがわかる。

事情を聴きに行くと、いままで発表会は英里子が務めていた。

 

しかし、脅迫状のことで生徒から主役を抜擢することが決まったとのこと。

また、小麦はバレエの靴につける滑り止めに入っていたことがわかる。

 

透子がつけていた滑り止めがないことがわかり、
その滑り止めは透子と同じ部屋に住む二人が管理していた。

そのことを聞きに来宮は透子が寝ている病室に看病しにきた二人の元へ。

 

透子の親友である二人を疑うことに怒る薫子。

肝心なこともわからないシンクロをバカにされて傷つく来宮

 

【小麦粉】

事件の捜査から英里子に脅迫状を出していたのは
英里子自身であったことがわかる。

 

才能ある透子に追い越されるのがこわくて
あえて自分に脅迫状をだしてプリマ選考されるのを断ったそう。

 

しかし、透子の事件にはかかわっていないという英里子。

そんななか、学校のトイレに小麦粉が詰まっていることがわかる。

 

さらにそこのトイレに小麦粉のパッケージの切れ端が落ちていた。

それを分析して学校から近いスーパーを洗い出し
監視カメラで犯人を捜すことに。

 

すると、来宮がなにかを発見する。

 

【シンクロしました。私。】

防犯カメラに写っていたのは三年生のまおの姿だった。

すぐに事情聴取が始まる。

 

まおは小麦粉を買ったのは認めたが誰かに小麦粉を盗まれたという。

 

そして事件の2日後にロッカーに盗まれた小麦粉が入っていて焦ってトイレに流したという。

さらに、事件の日に嫌がらせのつもりでドアに鍵をかけたことを認めるが
自分が犯人ではないという。

 

すると、小麦粉のまつやにを用意して回収したのはだれなのか?

 

まおは美月とまどかが怪しいというが
2人にはアリバイがある。

 

なにかに気が付き事件の現場で再びシンクロする来宮。

「私がプリマになったから。」

「シンクロしまいた。私。」といい倒れる。

 

【事件の真相】

来宮に呼ばれたのは透子と同じ部屋の美月とまどかだった。

二人は一年生で主役に選ばれた透子との実力の差を見せつけられて
嫌がらせのつもりでまつやにに小麦粉を混ぜた。

 

透子はアレルギー反応がでて部屋から出られない時
犯人が二人だとわかった。

 

それでも親友を助けたいという思いで透子がピアノの中に
まつやにを隠したのだった。

ちょっとしたいたずらのつもりが大事になってしまったことを悔やむ二人。

 

しかし、奇跡的に透子は意識を回復する。

透子は二人を優しく許してあげる。

これで事件は解決した。

 

【新たな事件】

家の火事によって焼死体が二体みつかる。

その現場にくるヒガンバナ。

 

来宮はその場でシンクロして
自分の過去を思い出して苦しむ。

「ママのところに行かせて」といい意識がなくなる。

 

その手には男の子の写真がある。

 

ここでヒガンバナの5話が終了。

 


【ヒガンバナ 5話の感想】

今回は厳しいバレエの世界での嫉妬ということがメインで話が進みました。

結果的に亡くなった人はいないというめでたしなストーリー。

 

いろんな偶然が大きな事件へと発展してしまったという悲しい話でした。

高校一年生でプロで主役をはる人物をも上回るバレエの実力って
すごすぎでしょ!

 

そこまですごい人物だと逆に諦めがついて嫉妬しないような気もしますが。

 

だんだんとジャーナリストの菊池の秘密も明らかになっていく感じですね。

次回も楽しみです!

 

【6話の予告】

焼死体は渚の父を殺した男。

今度の事件は菊池が容疑者に!?

 

【さいごに】

今回はヒガンバナ 5話のネタバレや感想を中心に話してきました。

 

バレエの世界というか女性の嫉妬というのはコワいものですね。

そんなことを痛感した5話となりました。

 

いきなり、6話でダイゴの真相に迫るということで楽しみです!

 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ヒガンバナ 4話のネタバレや感想を紹介!!結婚詐欺でどうなる??

ヒガンバナ 3話のネタバレや感想を紹介していきます!!

ヒガンバナ 2話のネタバレや感想の紹介!堀北真希のコスプレがやば!!

ドラマ ヒガンバナの1話の感想を紹介!!ネタバレでお願いします!

堀北真希のドラマ、2016はヒガンバナ!ヘッドホンが気になる!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログへ