気になるトレンドニュースをいち早くお届け!

ヒガンバナ 6話のネタバレや感想を紹介!!

yjimage

ヒガンバナ 6話が放送されたので
6話のネタバレ感想について紹介しようと思います。

 

5話ではある子供の写真を見て突然過去が
フラッシュバックされて倒れる来宮。

あの写真とはなんなのか気になります。

 

ということで今回は


●ヒガンバナ 6話のあらすじやネタバレ


●ヒガンバナ 6話の感想


●7話の予告

このようなことを中心に話していこうと思います。

 

スポンサーリンク
 




【ヒガンバナ 6話のあらすじやネタバレ】

 

【来宮の父】

火事現場を捜査していた来宮はある写真をみてことで
昔の記憶が思い出されて倒れてしまう。

病院に運ばれるが夢の中でも
20年前に父親が殺された時の記憶の夢を見ている。

起きると課長の瀬川がいる。

 

実は20年前に来宮の父親が殺されたとき
来宮を近くで保護してくれたのが
瀬川であったようだ。

今回の事件、来宮は外れるようにと瀬川はいう。

 

事件の合同捜査会議、来宮は遅れてやってくる。

今回の火事はその家を所有する荒木夏子本人が
自殺目的でガソリンをまいた可能性が高いという。

 

荒木は現在、意識不明の重体である。

しかし、同じくその家で火事の被害にあった男性の身元が
20年前に来宮の父親を殺害した男、狩野ということがわかる。

 

【新たな容疑者】

捜査では、荒木夏子の家に狩野という人物が押し入り
荒木は防犯の目的で狩野を包丁で刺してしまった。

そして自分も睡眠薬を飲んで家を燃やして自殺した。

このように捜査していた。

 

しかし、現場の落ちていた血の付いた包丁は
荒木のもでも狩野のものでもなかった。

 

しかも、狩野も睡眠薬を飲んでいたということで
初めに想定した捜査の可能性はなくなった。

そんななか、一課が新たな容疑者を発見したという。

 

その人物は火事があった現場に出入りしているところを
防犯カメラに収められている。

その人物はジャーナリストの菊池だった。

 

そのことを聞いた来宮はすぐに菊池のもとにむかう。

菊池に事情を聞くと、
菊池はあの狩野の息子だという。

 

そんな話をしていると一課も駆け付け
菊池は連行されてしまう。

 

【20年前の事件の謎】

菊池は取り調べで火災の時間は雑誌の編集者と会っていたということで
アリバイがあった。

菊池は昨年、母親が亡くなったことで唯一の血のつながりのある父親に会いにいったという。

 

なんで夏子の家に父がいるということがわかったのかというと
自分はジャーナリストだからそれくらいわかるという。

一方で捜査七課は20年前の事件について調べている。

 

その事件にも謎がいくつかあった。

まず、なんで刑事である来宮の父親は
捜査に娘を連れて行ったのか?

 

また、父は即死レベルの毒を飲んでいた。
にも関わらず7箇所もナイフで刺されている。

最後に狩野の息子である菊池はなぜ来宮に近づいたのか?

 

【過去の事件】

捜査7課では菊池が犯人ではないか?と捜査するが
菊池のアリバイが立証されたことでその線はなくなる。

 

解放された菊池に来宮が話かける。

20年前の何があったのか?

それについて話そうとしない菊池。

 

20年前の事件の被害者の娘と知っていて近づいたことは認めるも
自分の父親も亡くなったことでお互い忘れよういう。

 

【火災現場】

来宮の手に血がべっとりとついていた。

その血はさっき菊池をつかんだ時についた血ではないかと気が付く。

 

その血を検証したところ
現場のナイフに付着した血であることがわかる。

そこで菊池の身柄を抑えておこうとするが
菊池の行方がわからなくなる。

 

来宮は火災現場をシンクロしにいく。

しかし火災現場では何も感じることができなかった。

そこで来宮は峰岸にもう一つ付き合ってほしいところがあるという。

 

【来宮と菊池】

来宮が通っている診療所で20年前の事件の遺留品をもらう。

その遺留品を調べる来宮と峰岸。

そこで見つけた紙をみて二人は驚く。

 

そこに荒木の意識が戻ったということで二人はそこに向かう。

荒木は狩野と心中する目的だったと話す。

 

しかし、何かを隠している様子。

そのことを来宮が問うと
狩野との約束だから絶対に話さないという。

荒木の病室をでた来宮のもとに別の警察官が
先ほどの紙が落ちていたともってくる。

 

その紙は来宮と菊池が養子縁にはるはずの申請書だった。

 

一方、菊池は腹に傷があり意識がもうろうとするなか
車を運転している。

目の前にガードレールが迫る。

 

ここで、ヒガンバナの6話が終了。

 

【ヒガンバナ 6話の感想】

さて、6話ではついに来宮の過去の記憶がメインの話となりました。

まだまだ謎が多い20年前の事件。

今回は特にシンクロするワケでもなく
事件が解決するワケでもなかったです。

 

まるで最終回の前の話のようでした。

でも、まだまだ話は続くんですよね。

いったいどうなるのか?次回が楽しみです。

 

【7話の予告】

渚と謙人の20年前の「真実」が明らかに!

病院に運ばれる菊池。

いったいどうなる??

 

【さいごに】

さて、今回はヒガンバナ6話のネタバレや感想について話してきました。

ついに7話で来宮と菊池の秘密が明らかになるということで
とても楽しみです!

二人の秘密とはなんなのか??

 

スポンサーリンク



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ヒガンバナ 5話のネタバレや感想を紹介!!

ヒガンバナ 4話のネタバレや感想を紹介!!結婚詐欺でどうなる??

ヒガンバナ 3話のネタバレや感想を紹介していきます!!

ヒガンバナ 2話のネタバレや感想の紹介!堀北真希のコスプレがやば!!

ドラマ ヒガンバナの1話の感想を紹介!!ネタバレでお願いします!

スポンサーリンク



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログへ