気になるトレンドニュースをいち早くお届け!

星野源さん、病気の後遺症や現在の状況とは??

星野源さんの病気について後遺症や現在の状況について
お知らせします。

 

星野源さんといえば、俳優をしながら
シンガーソングライターとして活躍していますよね!

 

「コウノドリ」というドラマでも
人気を集めていました。

そして、なんと2015年の紅白歌合戦でも
初出場を決めた
ノリにノッている人物です。

 

そんな星野源さんですが
以前、くも膜下出血という病気で倒れたことがあります。

その当時の闘病生活は壮絶なものだったそうです。

 

ということで今回は


●くも膜下出血という病気で倒れていた星野源さん


●くも膜下出血とは??


●星野源さんが病気を克服した方法とは?


●後遺症や現在の状況とは?

このようなことを中心に話していこうと思います。

スポンサーリンク
 


くも膜下出血という病気で倒れていた星野源さん

星野源さんは2012年に
くも膜下出血で倒れていたんです。

また、その時の様子を自身の本で明かしています。

 

くも膜下出血という病気と星野源さんは
どのように立ち向かったのでしょうか?

 

ちなみにこの本のタイトルは

「蘇る変態」

かなり個性的なタイトルになっております。

 

星野源さんが病気で倒れたのが2012年の年末。

その当時、レコーディングをしていたそうです。

そのレコーディングの最中に
突然、目の前がぐにゃっと曲がったような感覚になり
まるで後頭部をバットで殴られたような感じに
襲われたそうです。

 

くも膜下出血とは
死因性がとても高い危険な病気です。

たとえ治ったとしても
後遺症が残る確率が高いのが特徴です。


くも膜下出血とは??

くも膜下出血とは、脳の表面にある膜が出血した病態のことをいいます。

症状としては、多くの方がハンマーで殴られたような
強烈な痛みがあると表現しています。

星野源さんもバットで殴られたような衝撃と
言っていましたね。

 

今までに経験したことのないような激しい頭痛で
吐き気や嘔吐、意識を失うこともあります。

そして、コワいのが後遺症です。

 

軽度な場合は今までと同じような生活を送ることもできるそうです。

しかし、中には、身体がマヒしたような感覚が残り、
言葉もうまく話せなくなります。

 

また、何を話しているのか自身で言葉の意味が理解できなくなることも
あるそうです。

食事がうまくできなくなり、視野が狭くなったりと
空間認識もできなくなります。

 

脳の病気になるので、記憶障害や意識障害といった
後遺症が残る可能性があるということですね。

何よりも、早期発見が大事になります。


星野源さんが病気を克服した方法とは?

星野源さんとくも膜下出血との闘いは
壮絶なものだったそうです。

 

倒れた日から三日間は頭の痛みが激しく
寝れない日々が続きました。

そして治ったかと思えば
また再発。

 

そんなとき、星野源さんは
ある変わった方法でくも膜下出血と向き合うことになります。

キーワードは「下ネタ」

なんと下ネタを考えることで
つらい闘病生活を乗り切ったそうなんですね。

これは独創的な発想といえるのかもしれません。

 

同じような病気で悩み苦しむ方の
助けになるかもしれませんね。


後遺症や現在の状況とは?

先ほども言いましたが、
くも膜下出血はたとえ治ったとしても
後遺症が残る可能性があります。

 

また、脳と深く関わりがある病気なので
言葉がうまくしゃべれなくなったりといった
後遺症が残る危険があるんですね。

 

星野源さんの場合は見事、歌手としても復帰しています。

 

紅白歌合戦にも出場を決めていますからね。

現在は病気の後遺症が残っていることは
ないようです。

 

本当によかったと思います。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログへ