気になるトレンドニュースをいち早くお届け!

けん玉演歌 三山ひろしとは?演歌歌手になったきっかけとは?

けん玉と演歌を融合させた異色の演歌歌手
三山ひろしさん。

なんと2015年の紅白歌合戦に初出場を決めました!

おそらく紅白でも演歌を歌いながら
けん玉を披露してくれることでしょう。

そんな三山ひろしさんについて紹介していきたいと思います。

 

ということで今回は


●三山ひろし 演歌とけん玉とは??


●三山ひろしさんが演歌歌手になったきっかけとは?

ということを中心に話していこうと思います。

スポンサーリンク
 


三山ひろし 演歌とけん玉とは??

もともと三山ひろしさんはけん玉をしていなかったようでうね。

 

けん玉を披露するようになったのは
2013年頃から。

 

そこからなぜか、けん玉の腕が上がっていき
けん玉二段を取得するようになります。

そして演歌を歌いながらけん玉を披露するようになります。

 

通称「けん玉演歌歌手」

として売り出しているようですね。

 

なぜ、三山ひろしさんはけん玉と演歌を融合させるようになったのでしょうか?

 

それにはやはり、演歌だけでは売れないと
自身でも痛感したからではないでしょうか??

 

三山ひろしさんは2007年に新人オーディションで
準グランプリを獲得しています

また、五枚目のシングル「男のうそ」では
オリコン演歌チャート1位を獲得。

 

演歌歌手としてはそれなりに
知名度を上げているように感じますが。

 

そもそも、今の時代、演歌歌手が
世間で話題になることは少ないですよね。

 

そこで、三山ひろしさんが考えたのが
けん玉と演歌の融合なのでしょう。

 

世界的にみたら、けん玉が注目されてきている
という噂もあります。

 

また、演歌も日本より世界的に注目されてきていますからね。

そのような意味での試みだったのでしょう・

それから、テレビの出演も少しづつ
増えてきているようです。

 

でも、それでもあまり
三山ひろしの名前は注目されていない感じがあります。

 

しかし三山ひろしさんが所属する事務所が猛プッシュ!

みごと、紅白出場を決めました!

三山ひろしさんは紅白出場を決める前から
「出場がかなったら、紅白二刀流のけん玉を操る新技を見せます」

と宣言しています。

 

なので間違いなく、2015年の紅白歌合戦では
三山ひろしさんのけん玉を見ることができるでしょう。

 

そこでどこまで世間が食いついてくれるのか?

そんなところも注目していきたいですね!


三山ひろしさんが演歌歌手になったきっかけとは?

どのようなことがきっかけで三山ひろしさんは
演歌歌手になったのでしょうか?

 

もともと、三山ひろしさんは
高知県の南国市で育っています。

 

育ててくれたのはおじいちゃんとおばあちゃんとのこと。

 

そんな環境ですから

小さいころから聞いていたのは
演歌ばかりだったそうです。

 

そして、子供のことから
おばあちゃんが通っていた詩吟教室に
ついていく生活。

 

おばあちゃんと詩吟を歌うことで
演歌を歌う基礎が出来上がっていたのでしょう。

 

同時に演歌のレッスンもするようになり

なんと、NHKののど自慢の
全国大会に出場できるまで成長します。

そして25歳で上京。

 

上京してから3年後には
演歌歌手としてデビューすることになります。

小さい頃からの夢を成し遂げた三山ひろしさん。

 

カッコいいです。

 

私個人の意見を言えば
けん玉と演歌は迷走している感がありますが、
今後の活躍に期待していきたいと思います!

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング

にほんブログ村

にほんブログ村 芸能ブログへ