ニュース

林泰男の性が小池に変更したのは結婚して嫁がいるから?顔画像や経歴も調査

投稿日:2018年7月26日 更新日:

地下鉄サリン事件で殺人マシンとして恐れられた林泰男ですが
どうやら性が獄中に小池に変更になっているようです。

林から小池に変わった理由として結婚して嫁がいるという噂があるのですが本当なのでしょうか?

また、林泰男の顔画像や経歴について調べてみました!

 

林泰男の性が小池になった理由は?結婚して嫁がいるの?

林泰男死刑囚は獄中で結婚しているともいわれています。

 

相手は元女性の信者で結婚したために小池の姓になったという噂があるんですね。

また、可能性としては支援団体で養子縁組になった可能性も考えられますがどうなのでしょうか?

 

もともと林泰男は地下鉄サリン事件のあとに石垣島に
1年半ほど逃亡していましたが、
その逃亡の際に元信者の女性と交際していて
その女性と逃亡しているという話がありました。

詳しい情報はないのですが、
獄中で結婚しているとしたら
その逃亡のときの女性と結婚している可能性が高いようにも感じます。

林泰男の顔画像や経歴とは?

林泰男は地下鉄サリン事件で一番多く人を殺めたということで
当時のマスコミには“殺人マシン”として恐れられていた人です。

 

事件後は逃亡し、結果的に事件から1年8ヶ月後に石垣島で逮捕されていて
計画では学生時代に滞在したことのある西表島に潜伏する計画であったようです。

また、林泰男は犯行当時の顔写真と逮捕時の髪型や髭の影響で
全然違う顔になっていたことでも話題が集まった方ですね。

そんな地下鉄サリン事件犯行時の顔画像はコチラ

 

で、逮捕時の顔画像がコチラ

やはり、身元がばれないように髪や髭を伸ばしていたんでしょうね。

 

そんな林泰男は仙台で次男として生まれ、
中学3年生のときに父親が朝鮮籍であることを知りました。

その辺りから朝鮮人に偏見する時期もあり苦悩もあったそうです。

 

高校は國學院大學久我山高等学校に進学するが規則が厳しく中退。

その後、東京都立立川高等学校定時制に入学。

 

そこで電気工事士の資格を取得するが
普通の生活をしたくないと、卒業後は4年間世界各地を旅する生活をしていました。

 

その旅先でヨーガやチベット仏教に興味をもつようになり
麻原彰晃の本を読んだことで
1987年にオウムに入信しました。

 

入信後は麻原の運転手や電気工事関係で盗聴などを行っていました。

 

林泰男の性格を関係者のほとんどの方は
「真面目で穏やかな人」と語っています。

麻原の4女も林泰男のことを「心はピッカピカの青年のまま」
と語っていますね。

 

林泰男は死刑が確定後、宮城刑務所仙台拘置支所に移送されて
2018年7月26日に宮城刑務所で死刑が執行されています。

スポンサーリンク

-ニュース

Copyright© ひろブロ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.