お笑い

伊丹祐貴が二番福を獲得!経歴や足が速い理由とは?

投稿日:

新年恒例の西宮神社で行われる「開門神事福男選び」で
初のタレントが二番福をとったとして、お笑い芸人の伊丹祐貴が話題となっています。

二番福を獲得した伊丹祐貴とはどのような芸人なのでしょうか?
経歴や足が速い理由について調べてみました。

 

また、二番福を獲得した伊丹祐貴の世間の反応もまとめました。

 

ということで今回は

  • 二番福を獲得した伊丹祐貴ってどんな人?
  • 伊丹祐貴の経歴や足が速い理由とは?
  • 二番福を獲得した伊丹祐貴の世間の反応とは?
  • 2019年の一番福は誰??

このようなことを中心に話していこうと思います。

伊丹祐貴が二番福を獲得!

毎年、新年の恒例となっている西宮神社で行われる「開門神事福男選び」

今年はなんと5000人もの男性が参加したそうですが、
その人数のなかで、なんと芸人の伊丹祐貴が二番福を獲得しました。

 

毎年、この行事ではテレビでも取り上げられ、
足の速いタレントがチャレンジしていますが、
結果はかすりもしないような惨敗をしていました。

 

まず、この行事はくじで前の列を獲得しないと、福をとるのは不可能なものなので、
今回4番の最前列を獲得した伊丹祐貴は大チャンスだったということですね。

このくじを獲得したことで伊丹祐貴は

最前列からだったので緊張してしまった。

と語っています。

 

それでもくじで最前列をとってしっかり二番福を獲得できたのは立派でしたね。

運の要素と運動神経がものをいうこの行事で結果を出せたのはすごいです。

 

まだ芸人として華が開いていないようですが、
今年は期待できるかもしれません。

 

二番福をとった伊丹祐貴の経歴や足が速い理由とは?

それでは二番福を獲得した伊丹祐貴とはどのような人なのでしょうか?

 

伊丹祐貴の経歴を調べてみたのですが、
まだウィキペディアにも載っていない若手芸人みたいです。

 

歳は1988年の9月20日生まれで現在、22歳。

出身は兵庫県の西宮市だそうです。

 

よしもとに所属するお笑い芸人で、
NSC大阪校33期生でクラスメイトと2013年にコンビを結成しましたが
2017年の9月にコンビを解散しています。

コンビを解散した理由については明らかになっていません。

 

ですが、コンビを解散した同じ年の10月に
元スーパーノヴァのあさやまんちゃんランドとお笑いコンビ・ファイトクラブを結成。

そのコンビも解散してしまい、今ではピンで活動しているとか。

 

現在はよしもと漫才劇場のライブで活動していることが主のようです。

 

やはり特技は走ることだそうで、

学生時代は陸上競技やバスケットをしていたそうで、
やはり学生時代から足が速かったのでしょう。

 

学生時代は400メートルリレーで全国大会にも出場した経験があり、
400メートルの最高タイムは49秒56とかなり速いタイムですね。

 

今後は「最強スポーツ男子頂上決戦」にも
二番福を獲得した男として登場するかもしれませんね。

とても楽しみです!

 

二番福を獲得した伊丹祐貴に世間の反応とは?

それでは、二番福を獲得した伊丹祐貴の世間の反応はどのようになっているのでしょうか?

これをきっかけにして
仕事が増えるといいね。

#Yahoo!コメントより

これから活躍するのが楽しみな意見も多くあります。

 

また、

福男って自分の幸運を周りに分け与えていく人よ
吉本の芸人なんでしょ!そんなに運貯めてるの?
運は残しておいたら良かったのに

#Yahoo!コメントより

このようにちょっと冷たい意見もありますが、

 

タレントがいれば一番福よりタレントってか?
とはいえ一番福もテレビに出てたから消されてはいなくて良かった。

#Yahoo!コメントより

タレントが二番福をとったことで
一番福の人が薄れてしまうといったコメントもありますね。

 

では、一番福はどのような方だったのでしょうか?

伊丹祐貴は二番福だったが、2019年の一番福は誰?

今回一番福を獲得したのは、

山本優希さんという方で、

ぶっちぎりの一番福でした、

 

さらにインタビューでは好青年っぷりがツイッターでも話題となっていて、
しばらくは地元でも有名人でしょうね。

なんでも消防士をしているそうで、
学生時代は棒高跳びで全国大会にも出場していたという経歴の持ち主。

 

やはり、それだけの経歴がないとなかなか一番福はとれないんでしょうね。

 

ちなみに三番福を獲得したのは玉暉活也さんという方でした。

 

まとめ:伊丹祐貴が二番福を獲得!経歴や足が速い理由とは?

今回は伊丹祐貴という芸人が初となる二番福を獲得したということで
伊丹祐貴の経験や足の早い理由。

世間の評判について話をしてきました。

 

昨年は芸人としての収入がゼロだったそうですが、
今年は仕事が一気に増えるのではないでしょうか?

スポーツ系の番組で自慢の足の速さを世間に広めてもらいたいですね!

スポンサーリンク

-お笑い

Copyright© ひろブロ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.