日常の気になるネタをあなたにお届け♪

野村佑希(花咲徳栄)のシニアのチーム名や中学はどこ?経歴や父親が誰か調べてみた!

今回はプロも大注目の花咲徳栄高校の野村佑希選手について話をしていきます。

なんといっても花咲徳栄高校は2017年の甲子園で優勝をしているので
今年は2連覇をかけた戦いになるということで注目されています。

2連覇となれば史上7校目となるわけですから楽しみです。

 

そんな花咲徳栄高校でチームの柱として
エースで4番を飾る野村佑希選手。

小学、高校とシニアのチームで活躍していたそうですが
そのシニアのチームはどこなのでしょうか?

また、出身中学経歴父親についても調べてみました。


スポンサーリンク





花咲徳栄、野村佑希選手の経歴や経歴とは?

名前:野村佑希 (野村ジェームス佑希)

出身:アメリカミシガン州ハウエル

身長:185㎝

体重:85キロ

野村佑希選手はミドルネームがあるということで
一見するとハーフのように見えてしまいますが
実は純粋な日本人であります。

生まれた場所がアメリカということですね。

 

ただ、2重国籍というこおtになるので
野村佑希選手は20歳の時に
どちらかの国籍を選ばないといけないそうです。

 

当然のことながら日本を選ぶとは思うのですが、
もしもアメリカの国籍を選んでしまったら
大事な日本の優秀な野球選手が1人減ってしまうということになってしまいます。

なんとしてでも野村佑希選手には日本の国籍を選んでいただきたい!

 

ということで、野村佑希選手はアメリカで生まれました。

ただ、1歳の頃には日本で生活していたそうですね。

 

日本では群馬の伊勢崎で住んでいたそうですね。

 

野球をするようになったのは
小学2年生のころだったようです。

 

そして小学校は

伊勢崎市立境西剛志小学校で

 

中学校は

境西中学校

へと進学しています。

 

小学校と中学校ではシニアのチームで活躍していたそうですね。

 

そして、今の花咲徳栄高校の監督である
岩井監督にスカウトされています。

 

高校では1年生の秋からレギュラーとして活躍していたそうです。

2年生の春にはホームランを4本も打っていたということで
かなり優れた才能の持ち主だということがここまででもわかってしまいますね!

 

4番の一塁手として野村佑希選手が活躍するようになったのは2017年の夏の頃からです。

そこからはチームの柱として全試合に出場をしています。

 

打ってはプロでも苦労するような内角胸元のストレートでも
フェンスを越えていけるパワーがあり
コンパクトなバッティングで右方向にもしっかり打てる技術をもっています。

 

野手として守らせても1塁だけでなく3塁や左翼と
内外野どこでも守れるセンスをもっています。

 

このため、現在の成績として
高校通算56本塁打のスラッガーとして
プロからも大注目の選手となっています。

 

打つだけでもこれだけすごい野村佑希選手ですが、
なんと今年から本格的に投手としても活躍するようになっています。

 

岩井監督は

人の3倍練習することで夏は大エースにする!

という想いがあり
埼玉大会では4回戦と準々決勝と決勝の3試合は完投勝利しています。

 

今年は本当に優秀な二刀流の選手が揃っていますね!

その中でも野村佑希選手は今年から本格的に投手として練習していて
期間としては短い方だと思います。

 

今後、もしドラフト指名されたときはどちらで活躍するのかわかりませんが、
その辺りも楽しみですね!

 

2018年ではBEA U-18アジア選手権でも
日本代表に選ばれています。

 

また実は勉学の方でも優秀という一面があり
なんち国語はクラスでトップの成績なそうな。

 

まさに文武両道というか
普通は野球に専念して勉強は疎かになってしまう印象がりますが
そんなことはないんですね。

もしかしたら、高校卒業後はすぐにプロ入りしないで
将来のために大学に進学するのかもしれませんね。


スポンサーリンク





野村佑希が出身のシニアのシニアはどこ?

打ってよし守ってよし投げてよしの野村佑希選手ですが、
小学時代と中学時代はシニアのチームで活躍していました。

 

小学生の事は
剛志ジュニアーズ
というチームにいたそうですね。

 

で、中学生の頃には
太田市リトルシニア

という群馬のチームで活躍していました。

 

太田市リトルシニアでは9期生ということになり
そこでの活躍が岩井監督を唸らせてスカウトとなったのでしょう。

 

ちなみにこのシニアのチームからは
野村佑希選手のみが花咲徳栄高校へと進学したそうです。


スポンサーリンク

野村佑希の父親は誰?

野村佑希選手はもともとアメリカ生まれということで
父親や母親がどのような方か気になりますよね。

 

情報としては野村佑希選手は生粋の日本人ということなので
父親も母親も日本人ということなのでしょう。

 

なんでも、父親は自動車関連の会社で働いているそうです。

きっとそちらの仕事の関係で海外赴任していたなかで
野村佑希選手が生まれたのかもしれません。

 

また、母親は中学生の頃に
ソフトボールで4番だったそうな。

この野村佑希選手の運動神経は
母親譲りなんでしょうか。

 

ちなみに野村佑希選手にはお姉さんもいるそうですが、
詳しい情報を得ることはできませんでした。


スポンサーリンク





野村佑希の練習方法がスゴイ!

岩井監督はまさかの2018年から野村佑希選手を投手として挑戦させることにしました。

その際の練習方法もスゴイものでし。

 

なんでも花咲徳栄高校には通称“徳栄ビーチ”なるものが2017年の冬に完成したそうです。

この徳栄ビーチは全長が188メートルあって、深さはなんと30センチの砂浜となっています。

 

野村佑希選手もその徳栄ビーチでみっちりと走り込みをして足腰を強くしたそうですね。

また、大型トラック用のタイヤを10キロ以上のハンマーで叩きつけるという練習方法で
徹底的に下半身を鍛えて投手の基礎を築いたそうです。

 

また、肉体的な練習だけでなく、投手として必要なメンタルの部分も鍛えるべく、
メンタルトレーニングの専門家にきていただいて『心』の部分も鍛え上げたそうです。

 

そこでは

なぜ緊張するのか?

脳の働きが体にどう伝わるのか?

を教わり、それ以降野村佑希選手の集中力も激変したそうですね。

 

そのため、それ以降の試合でも、例え先制されたとしてもまったく動揺することなくプレーできたそうです。

 

岩井監督の練習方法も、それにしっかりついていった野村佑希選手もお互いすごいですね!

そんな練習方法があっての今だということがよくわかります。


スポンサーリンク





さいごに

今回はプロも大注目のリアル二刀流の選手でもある
花咲徳栄高校の野村佑希選手について話をしてきました。

 

中学時代のシニアでの活躍で花咲徳栄高校にスカウトされ、
しっかりとした練習を重ねて高校通算56本塁打という成績のバッターだけでなく
エースとしての投手でも活躍できる選手となった野村佑希さん。

 

ドラフトでも大注目だと思いますが、
学校の成績も優秀ということで大学に進学するのかプロに入るのかも気になるところです。

そんな野村佑希選手、甲子園ではどのような活躍をするのか本当に楽しみです!



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



初めまして!
30代となり“おやじ”というキーワードに敏感となってまいりました、管理人のひろろんと申します。
サイトを訪れてくださり、ありがとうございます!!
北海道で理容店を経営しながらほのぼの暮らしてます。

このサイトでは日常で気になったネタを、仕事の合間にお届けしています。
皆様の暇つぶしや話題作りに利用して頂ければ幸いです。

気軽にほっとひと息つきながら読んでみてください☆

好きな食べ物:白湯ラーメン、カツカレー
好きな動物:ヨークシャーテリア
好きなアニメ:名探偵コナン