日常の気になるネタをあなたにお届け♪

岡崎一明の絵がコワい?経歴や家族について調べてみた!

オウム真理教で死刑囚の岡崎一明

そんな岡崎一明が残したが過去に展覧会で展示されていたことがありました。

このような死刑囚が書いた絵というのはなにか
書いた方の特別な想いのようなものはあるのでしょうか?

また、岡崎一明の経歴や家族についても調べてみました。


スポンサーリンク





岡崎一明の絵とは?

岡崎一明は死刑囚となってから絵を書いていて、
過去に展覧会で展示されたことがあります。

 

そんな岡崎一明が書いた絵のタイトルは

手段継承

実際の絵がコチラになります。

この岡崎一明が書いた絵が表す意味とはなんのでしょうか?

まず、女の子のような人物と大人のような人物が囲碁をしていますね。

 

その周りには駒を指しているような手が4つ。

 

タイトルにある「継承」とは

辞書によると

前代の人の身分・仕事・財産などを受け継ぐこと。

とあります。

 

自分が行ってきたいままでの行いを子供に受け継ぐというような意味があるのでしょうか?

なんとなくこの絵には自分の行いが間違っていないとうような主張なようなものを感じるのですがどうなのでしょうか?


スポンサーリンク





岡崎一明の経歴や家族とは?

岡崎一明は1985年にオウムに入団し
麻原彰晃の信頼が厚く、麻原彰晃の子供の面倒もみていたそうですね。

 

そんな岡崎一明は坂本弁護士一家殺人事件の実行役となった人物です。

 

実際に岡崎一明が坂本弁護士を絞殺したといわれていて

そのため坂本弁護士の義父は

「岡崎がいたから事件が解決いたのではなく、
岡崎がいたから事件が起きた。」と残しています。

 

その後、1990年に佐伯一明の名前で衆院議員選挙に出馬するも落選.

 

このころからオウムについて疑念を持つようになって
教団のお金、3億円をもって逃走。

宅配で3億円を自宅に預けようとしているのがバレて
3億円はオウムに取り戻されています。

 

だが、岡崎一明はその後麻原彰晃を電話で脅し
口止め料として1000万円を要求しています。

 

その後、オウムを脱退し山口県で学習塾を開いて生活していたが
警察に坂本弁護士の事件と信者殺害の犯行を自供することになり逮捕。

岡崎一明には嫁や子供といった家族がいたのでしょうか?

 

子供がいることは不明ですが、
過去の供述から嫁がいることはわかっていますね。

調べてみたのですが、岡崎一明の嫁がオウムに関係していたのかは不明です。

 

死刑が執行されたら遺骨は拘置所で処分してほしいと手紙に書いてあったので
残された家族とは縁を切っているのかすでのいないのかもしれませんね。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール



初めまして!
30代となり“おやじ”というキーワードに敏感となってまいりました、管理人のひろろんと申します。
サイトを訪れてくださり、ありがとうございます!!
北海道で理容店を経営しながらほのぼの暮らしてます。

このサイトでは日常で気になったネタを、仕事の合間にお届けしています。
皆様の暇つぶしや話題作りに利用して頂ければ幸いです。

気軽にほっとひと息つきながら読んでみてください☆

好きな食べ物:白湯ラーメン、カツカレー
好きな動物:ヨークシャーテリア
好きなアニメ:名探偵コナン